【話題沸騰】ワタミの宅食ダイレクトに介護食版が登場

この記事は約8分で読めます。

最近、食事がつまらなくなった方へ

年齢を重ねてくると咀嚼能力(そしゃくのうりょく・食べ物を噛む力)が落ちてきます。

以前は硬いお煎餅でも難なく食べられていたのに、通常の食事でも噛み続けることが難しくなってきます。すると、食事がつまらなくなりますね。

私の父も、今年70歳になるのですが「噛みにくくなった」と言っていますね。

他の家族は普通の硬さで良くても、お父様だけ咀嚼能力(そしゃくのうりょく)が落ちていると、1人分だけ別にやわらかい食事を用意しなければならないのが大変ですね。

通常の食事が咀嚼(そしゃく)しにくくなったという方のために朗報です。

ワタミの宅食ダイレクトに【介護食】が誕生

ワタミの宅食ダイレクトは、電子レンジで温めるだけで食べられる冷凍宅配弁当(宅食)となっています。そのワタミの宅食ダイレクトに介護食の分野が登場しました。

つまり、「冷凍の介護食」です。

ワタミの宅食ダイレクトなら、家事の外部化推進委員会の本サイトでもお馴染みですね。

今回は、その介護食のバージョンですか。

商品の構成について

ワタミの宅食ダイレクトの冷凍宅配弁当(宅食)の介護食は、「やわらかおかず」と「ムース食」の2種類があります。

出典:ワタミの宅食ダイレクト【介護食】公式サイト

それでは、「やわらかおかず」と「ムース食」について順番に見ていきます。

「やわらかおかず」について

コンセプト

ワタミの宅食ダイレクト【介護食】「やわらかおかず」のコンセプト
出典:ワタミの宅食ダイレクト【介護食】公式サイト

ワタミの宅食ダイレクト【介護食】の「やわらかおかず」のコンセプトは「かたいものが食べにくいと感じる方へ」ということです。

見た目は普通の食事と大差ありませんが、やわらかく作られています。

メニューについて

出典:ワタミの宅食ダイレクト【介護食】公式サイト

ワタミの宅食ダイレクト【介護食】「やわらかおかず」の8食セットの1例です。

①にしんの煮付け ②イタリアンハンバーグ ③かつとじ煮 ④白身魚の天ぷら ⑤厚揚げの彩り炒め ⑥鶏の照り焼き風 ⑦さばの味噌煮 ⑧あじの南蛮漬け の8食となっています。

和食の方が多い構成ですが、イタリアンハンバーグのような洋食もあります。

どれも美味しそうだし、お父さんが好きそうなメニューばかりで嬉しい。

この8食セットで、5,440円(税込)です。1食あたり680円(税込)となりますね。

商品代に加えて送料1回の注文につき全国一律で800円(税込)かかります。

お家の冷凍庫に余裕のある方は、何セットかまとめ買いしておくと送料が割安になりますね。

なお、ワタミの宅食ダイレクト【介護食】の「やわらかおかず」はおかずのみの構成となりますので、ご飯は自分で炊いて用意する必要があります。

カロリー、塩分は?

主菜(副菜)熱量食塩相当量たんぱく質
1にしんの煮付け
(田楽なす)
(ポテトサラダ)
196kcal1.5g9.4g
2イタリアンハンバーグ
(チーズソースマカロニ)
(ほうれん草と炒り卵のソテー風)
246kcal1.1g10.4g
3かつとじ煮
(きんぴらごぼう)
(ブロッコリーのおかか和え)
230kcal1.8g9.5g
4白身魚の天ぷら
(かぼちゃのごま和え)
(ひじきの煮物)
243kcal1.4g8.5g
5厚揚げの彩り炒め
(かぼちゃ煮)
(ほうれん草の卵和え)
185kcal1.2g8.5g
6鶏の照り焼き風
(明太マカロニ)
(チンゲン菜と炒り卵の和え物)
208kcal1.4g9.0g
7さばの味噌煮
(キャベツと炒り卵の和風コンソメ)
(たらこのポテトサラダ)
259kcal1.7g10.0g
8あじの南蛮漬け
(大根の肉味噌)
(いんげんと卵の和え物)
197kcal1.5g9.9g
平均220.5kcal1.45g9.4g
出典:ワタミの宅食ダイレクト【介護食】公式サイト

カロリーについて

「8食セットY-1」の熱量(カロリー)の平均は、220.5kcalです。

これにご飯1杯分のカロリーである240kcal(参照:農林水産省公式サイト)を加えると、

220.5kcal+240kcal=460.5kcalとなります。

仮に、ワタミの宅食ダイレクト【介護食】とご飯1杯を1日に3回食べるとすると、

460.5kcal×3回=1,381.5kcal(1日分)となります。

70歳以上の男性が1日に必要なエネルギー量は、日本医師会の見解によると、2,193kcalです(参照:日本医師会公式サイト)。

つまり、あと811.5kcalもの余裕があるということです。

お父さんの大好きなお饅頭をおやつに食べても大丈夫そうですね。

塩分量について

ワタミの宅食ダイレクト【介護食】「8食セットY-1」の食塩相当量の平均は、1.45gです。

1日の塩分摂取量については諸説ありますが、最も厳しい基準としては、日本高血圧学会が推奨する1日6g未満というのがあります(参照:日本高血圧学会公式サイト)。

1日6g未満って、とても厳しい基準ですね。

ところが、ワタミの宅食ダイレクト【介護食】を1日3回食べたとすると、食塩相当量は、

1.45g×3回=4.35g

となり、なんと1日6g未満という基準を満たしてしまうのです(通常の白ご飯に食塩は含まれていません)。

実際は、おやつなども食べると思われますので、その食塩相当量も加算して考える必要がありますが、1日3食の食事だけですと4.35g(平均値)となります。

3食分の食塩相当量が4.35g(平均値)って素敵ですね。

「ムース食」について

コンセプト

ワタミの宅食ダイレクト【介護食】の「ムース食」コンセプト
出典:ワタミの宅食ダイレクト【介護食】公式サイト

ワタミの宅食ダイレクト【介護食】のコンセプトは

「舌でつぶせる」に適合するかたさ

のユニバーサルデザインフードです。

ユニバーサルデザインフードって何ですか?

ユニバーサルデザインフードとは、日常の食事から介護食まで幅広く使える、食べやすさに配慮した商品のことです。

その中でワタミの宅食ダイレクト【介護食】のムース食は、「舌でつぶせる」に適合するかたさということなので、4段階あるうちの上から2つ目にやわらかい状態ということになります。

出典:日本介護食品協議会公式サイト

ごはんで言うと全がゆ、たまごで言うとスクランブルエッグにあたる柔らかさなので、具体的で分かりやすいですね。

メニューについて

ワタミの宅食ダイレクト【介護食】ムース食8食セットM-1メニュー画像

ワタミの宅食ダイレクト【介護食】「ムース食」の8食セットの1例です。

①海鮮と野菜の中華旨煮、②あじの塩焼き風、③牛肉のみぞれ煮、④ホイコーロー、⑤筑前煮、⑥鮭のタルタルソース、⑦さばの味噌煮、⑧ふくさたまご風の8食となっています。

和食を中心に洋食、中華もあってバラエティに富んでいますね。

この8食セットで、5,440円(税込)です(「やわらかおかず」と同じ)。1食あたり680円(税込)となりますね。

商品代に加えて送料1回の注文につき全国一律で800円(税込)かかります。

なお、ワタミの宅食ダイレクト【介護食】の「ムース食」もおかずのみの構成となりますので、ご飯は自分で炊いて用意する必要があります。

カロリー、塩分は?

主菜(副菜)熱量食塩相当量たんぱく質
1海鮮と野菜の中華旨煮
(里芋とかぼちゃのそぼろあん)
(椎茸の照り煮)
182kcal1.2g8.2g
2あじの塩焼き風
(里芋といかの煮物)
(いんげんのごま和え)
183kcal1.1g7.8g
3牛肉のみぞれ煮
(きんぴらごぼう)
(かぼちゃのごま和え)
190kcal1.0g7.3g
4ホイコーロー
(ナスの中華和え)
(かぼちゃの蜂蜜生姜)
191kcal1.2g6.8g
5筑前煮
(ブロッコリーの卵あんかけ)
(里芋の明太マヨソース)
188kcal1.1g6.6g
6鮭のタルタルソース
(キャベツのコンソメ煮)
(かぼちゃの蜂蜜生姜)
199kcal1.1g7.5g
7さばの味噌煮
(きんぴらごぼう)
(里芋のずんだ和え)
188kcal1.1g7.9g
8ふくさたまご風
(里芋と昆布の照り煮)
(カリフラワーの明太マヨサラダ)
204kcal1.3g7.5g
平均190.6kcal1.14g7.45g
出典:ワタミの宅食ダイレクト【介護食】公式サイト

ワタミの宅食ダイレクト【介護食】「ムース食」の1食あたりの平均カロリーは190.6kcal、平均食塩相当量は1.14g、平均たんぱく質は7.45gとなっており、「やわらかおかず」よりも更に低い値となっています。

私のお父さんも今は「やわらかおかず」で良いけど、今後「ムース食」に切り替わっても安心しておススメ出来ますね。

まとめ

①ワタミの宅食ダイレクトに介護食が登場しました。

②ワタミの宅食ダイレクト【介護食】には「やわからおかず」と「ムース食」の2種類があります。

③どちらも和食を中心に、洋食、中華とバラエティに富んでおりカロリー、塩分量、たんぱく質量も計算された構成となっています。

合格

コメント

タイトルとURLをコピーしました