【2021年】宅食(冷凍宅配弁当)おすすめランキング

この記事は約2分で読めます。

冷凍宅配弁当(宅食)評論界随一の当委員会が選定するランキング

家事の外部化推進委員会は、3年間に渡って、冷凍宅配弁当(宅食)をご紹介してきました。

その間、浮き沈みの中で、おススメできる順番も変わってきています。

そこで、2021年最新版の冷凍宅配弁当(宅食)おススメランキングを発表します。

どういうランキングになるのか、楽しみです。

前提

冷凍宅配弁当(宅食)の業者は、ちょっと知れ渡っているだけでも全国に30以上あります。

その中には、正直、おススメ出来ない業者もあります。しかし、「おススメ出来ない業者」をこのサイトで書くことは出来ません!

このサイトのランキングに登場している業者は、下位であっても登場しているだけで「おススメ出来る宅食業者」です。

このように、「おススメ出来ない業者を書かない」という手段によって、当委員会は「選んではいけない宅食業者」を皆さんにお伝えしています。

冷凍宅配弁当(宅食)の魅力を簡単に紹介

簡単に食べられる

冷凍宅配弁当(宅食)は、電子レンジで5分~8分温めるだけです。これでおかずが完成します。

あとは炊飯器でご飯を炊けばそれだけで1食完成。とても簡単です。

いつでも食べられる

冷凍保存なので、いつでも冷凍庫にストックしておくことが出来ます。

これが冷蔵の宅食だと、その日のうちに食べなければならないので注意が必要です。

管理栄養士が監修した信頼できる構成

少なくともこのページで紹介している宅食業者は、すべて管理栄養士が監修しています。

カロリー計算はもちろん、塩分の調整、たんぱく質の調整、糖質の調整などをしたメニュー構成となっているので、健康状態に合わせた料理を手軽に楽しむことが出来ます。

おススメランキング発表

ワタミの宅食ダイレクト

昨年に続き、2連覇達成。
味、価格、栄養成分表、知名度など総合的なバランスが一番。
「はじめての冷凍宅配弁当(宅食)」なら、ワタミの宅食ダイレクトを選ぶのがおススメ。

ナッシュ-NOSH

オシャレで美味しい。
糖質制限も頑張っている。最近はテレビCMも始まり、知名度も上昇中。
「自炊をせずに雑誌に出てくるようなライフスタイルを送りたい」人におススメ。

食宅便

美味い
公式サイトで「理想的な栄養バランスを追求」と謳っているほど、健康面にも配慮されている。
「ではなぜ3位なのか?」というと価格が少しだけお高め。
と言ってもそこまでは高くないのだが、1番最初にはなかなか注文しにくいかも。
でも、なんとかここまでたどり着いて欲しい。
「ハレの日の宅食」とでも言うべきか、「金に糸目を付けぬ」という人には文句なくおススメ。

わんまいる

湯せん。
電子レンジよりは手間がかかる。電子レンジの他の業者の商品よりは美味しい。
と言っても、湯せんくらいは頑張りませんか?

まごころケア食

安い。
ウェルネスダイニング、つるかめキッチンなどにOEMで提供しているので、それらよりは安い。
まごころケア食よりもウェルネスダイニングやつるかめキッチンをおススメしているサイトがあったりするけど、そういう所は信用しない方が良いです。
ちゃんと注文して実食していないか、何か別の大人の事情があるのか?
いずれにしても、そんなサイトは信用できません。
メーカー直売の方が安くて信用できるのは当たり前。

ヨシケイ

安い。
「とにかく安くて簡単に」という人にはコレ。
独身の1人暮らしで、ファーストフードやコンビニ弁当から抜け出したい人におススメ。
支払方法がクレジットカードのみなのと、配達地域が限定されているので、要件に当てはまる人が絞られてしまうためにこの順位となっていますが、逆に言うと、要件に当てはまっている人にはとてもおススメです。

講評

昨年に引き続き、ワタミの宅食ダイレクトが1位となりました。

やはり、宅食業界の中では抜群の知名度に加え、注文しやすい価格帯、万人受けする味付けなどがおススメポイントとして高評価につながりました。

ただ、他の5社も決して劣っているわけではありません。

むしろ、当家事の外部化推進委員会は、この6社は、全国に何社という業者が存在する冷凍宅配弁当(宅食)業界においての6強と考えています。

6社すべてがおススメであり、6社を順番にお試しされることを最もおススメします。

すべてを順番に試すことが、飽きが来ずに長続きでき、結果的に健康につながる第一歩となると思います。

冷凍宅配弁当(宅食)は6社を順番に注文しましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました