【実食口コミ】nosh-ナッシュの冷凍宅食弁当は美味いのか不味いのか鶏肉の照り焼きの感想

この記事は約9分で読めます。
鶏肉の照り焼き盛り付け画像
公式サイトから

nosh-ナッシュの冷凍宅食弁当「10食セット」を購入

オシャレな宅食として登場したnosh-ナッシュ。

私は、普段、育児や仕事に追われる身。美味しいのはもちろんとして、時短として使えるのか?ついでに健康節約に役立つのか?と興味を持ち購入しました。

購入したのは、人気ナンバー1とされている「10食セット」です。多めに購入した方が、1食当たりの単価が下がるのでおトクです。

なお、「20食セット」を買っても単価が下がるわけではないので、「10食セット」で良いと思います。だから「10食セット」が人気ナンバー1なんですね。

夫と2人で食べるので、5種類のメニューを2個ずつ購入しました。

公式サイトのメニュープランのコーナー

購入したのは、

  • 鶏肉の照り焼き
  • チキンのスパイシートマト煮込み
  • 野菜たっぷりのチキンピラフ
  • 牛肉のデミグラスソース煮
  • 鮭の南蛮漬け

の5種類です。今回は、鶏肉の照り焼きを実食したリポートです。

鶏肉の照り焼きを実食

パッケージはこういうダンボールタイプの生地でした。

鶏肉の照り焼きパッケージ
鶏肉の照り焼きパッケージ2

オシャレですね。

鶏肉の照り焼きパッケージ

鶏肉料理であることを指しています。分かりやすいですね。

レンジ前全体像
パッケージから取り出して、レンジ前の全体像
レンジ後。ごはんと納豆も付けました。

見た目について

公式サイトの画像と比べると、やはり見た目は落ちますね(笑)。もちろん、ちゃんと盛り付けをすれば、公式サイトに近い見た目になると思います。

しかし、我々は忙しい身。なるべく短い時間で準備し、後片付けも簡単に済ませなければなりません。とすれば、届いたトレイのまま食べるのが最も合理的。最も合理的な形での実食リポートとしています。

ごはんと納豆を付け足し

nosh-ナッシュの冷凍宅食弁当は、おかずのみです。だから、ごはんは自分で炊く必要があります。

炊飯器のタイマー炊飯機能を使えば、効率的ですね。また、市販の真空パックの電子レンジで温めるごはんでも良いと思います。

また、宅食は、それだけでも栄養バランスに優れているのがウリですが、栄養バランスを更に良い方向にシフトさせるために、簡単に付け足しが出来るのも魅力です。今回は、納豆を付けました。汁物が欲しい人はインスタントの味噌汁を付け足しても良いと思います。

茄子の煮浸し(なすのにびたし)

まず、「茄子の煮浸し」から。

茄子の煮浸し
茄子の煮浸し

味がよく染みていておいしいです。典型的な家庭料理ですね。味わいながらいただきました。

こういう煮物って、デパ地下とか和風の居酒屋さんでも行けば美味しいのが食べられるのですが、スーパーの惣菜だと味が微妙なんですよね。なかなか自分では作る時間が取れません。宅食だと気軽に食べられるのは助かります。

絹さや(きぬさや)

次は「絹さや」です。

絹さや

これは硬さが丁度良い。ヘナヘナでもないし、生煮えでもありません。

コリコリして良い状態でいただきました。

小松菜の辛し和え(こまつなのからしあえ)

次は「小松菜の辛し和え」です。

小松菜の辛し和え
小松菜の辛し和え

子どものころ、母がよく作ってくれていました。当時はあまり好きな料理ではなかったです。子どもにはシブすぎる味なんですよね。でも、大人になると、しみじみ美味しいなあと感じる、そんな味です。

最近、デパ地下でこの惣菜を買って食べたのですが、個人的にはそれより美味しいと思いました。カラシで小松菜の味を消していないというか、素材を引き立てるカラシの使い方をしているように感じました。

ピーマンのきんぴら

ピーマンのきんぴらです。実は食べたことが無いかもしれません。

赤パプリカとピーマン
ピーマンのきんぴら

赤パプリカとピーマンを使ってきんぴらにしているようです。

醤油や清酒や砂糖を使って甘辛く煮込むのがきんぴらごぼうですが、それのピーマン版ですね。原材料表を見ると、砂糖の代わりにエリスリトールという希少糖を使用しているようです。

そのせいか、ちょっと独特の味になっています。健康系のカフェで提供されるような煮物みたいな感じですね。美味しいです。

だし巻き玉子(だしまきたまご)

鶏肉の照り焼きの付け合わせになっている「だし巻き玉子」です。

卵焼き
だし巻き玉子

だし巻き玉子については、ちょっと微妙でした(笑)。

だし巻きの「ダシ」があまり感じられません。普通の玉子焼きみたいな感じです。

これが「だし巻き玉子」ではなく「玉子焼き」であれば違和感なく食べられたと思います。

又は、鶏肉の照り焼きに使用した醤油ダレのダシが入っているという意味でしょうか?しかし、それであれば「玉子焼きの照り焼き」にすべきですね。いずれにしても、ちょっと意図が分かりませんでした。

鶏肉の照り焼き(とりにくのてりやき)

鶏肉の照り焼き
鶏肉の照り焼き
鶏肉の箸上げ
鶏肉の箸上げ

メインの鶏肉の照り焼きです。

醤油ダレが美味しくて、よく味がしみ込んでいます。ごはんの進む味ですね。

鶏肉も柔らかく、噛みやすいです。肉汁や旨味もよく出ています。

ただ、「照り焼き」かと言われると、微妙かもしれません。煮物のように、煮汁がたくさん出ています。焼いた感じではなく、煮込んだ感じです。

「それでも美味しかったら良いよ」という方には何の問題もないと思います。間違いなく美味しいです。

実食した総評

ナッシュ冷凍弁当画像

全体的には、とても美味しい冷凍宅食弁当でした。

薄味ながらも、しっかりと主張した料理が並び、食べ応えもあります。

新しくサービスを始めた会社だからなのか、味付けが他の宅食業者と異なっているようにも見受けられます。健康系のカフェでランチを食べているような感じです。エリスリトールを上手く使っている感じかもしれません。

電子レンジで7分温めるだけでこれだけの食事が出来るのはすごいです。調理時間が7分で済むし、盛り付けずにそのまま食べれば、後片付けや食器を洗う手間がかからず時短としてとても有効です。

また、美味しくて時短になるだけではなく、かなりヘルシーな味付けでした(後述)。

nosh-ナッシュを始めとした宅食生活を続けると、健康に過ごせると思います。

原材料、栄養成分など

これがnosh-ナッシュが公表している原材料栄養成分表示です。

鶏肉の照り焼きメニュー
成分表

原材料名

  • 鶏肉の照り焼き・・・鶏肉、だし巻き玉子、醤油ダレ、絹さや、サラダ油
  • 小松菜の辛し和え・・・小松菜、醤油、からし
  • 茄子の煮浸し・・・茄子、だしつゆ、醤油、みりん、エリスリトール、おろし生姜
  • ピーマンのきんぴら・・・ピーマン、赤パプリカ、清酒、醤油、エリスリトール、ごま
  • 加工でん粉、酒精、調味料(アミノ酸等)、ソルビトール、ph調整剤、酸味料、着色料(カロチン、ターメリック)、甘味料(スクラロース)、乳化剤、増粘多糖類、アンモニウムミョウバン、香料、香辛料、(一部に小麦・卵・ごま・さけ・さば・大豆・鶏肉・りんごを含む)

外食やコンビニ弁当と違って、宅食は原材料名がすべて表示されているのが素晴らしいですね。自分が何を食べているのか、はっきり分かります。

エネルギーなどの栄養成分

エネルギー337kcal
たんぱく質23.1g
脂質21.3g
炭水化物7.0g
ー糖質5.2g
ー食物繊維1.8g
食塩相当量1.6g

エネルギー(カロリー)

私の場合、ごはん納豆を付け足しておりますので、これらを合計して計算してみます。

ごはん1杯(約150g)は、240kcalです(出典:農林水産省HP)。

納豆1パックは、私の食べたタカノフーズの国産丸大豆納豆だと84kcalです(出典:タカノフーズ国産丸大豆納豆HP)。

宅食弁当337kcal+ごはん240kcal+納豆84lcal=661kcal

となります。

夕食1食が661kcalで終わるなら、だいぶ低いですよね。成人女性の1日あたりの摂取カロリーが約1800kcalと言われているので、納豆を1日1パック食べるとすると、だいたいこの1800kcalに収まると思います。理想的ですね。

特に摂取カロリーを意識せずに、時短として素早く食べてこのくらいで終われば理想ですね。

たんぱく質

今回の鶏肉の照り焼きをメインとした宅食のたんぱく質量は、23.1g。たんぱく質の1日当たりの摂取量の目安は60g以上とされています。また、1度に摂り過ぎるよりも、3回に分けた方が良いとされています。

この量なら理想的ですね。

糖質量

最近は、ライザップなどの低糖質ダイエットが盛んになり、糖質量を気にする人も増えています。

nosh-ナッシュは、1食あたりの糖質を30g以下に抑えることにこだわっています。

今回の鶏肉の照り焼きをメインとする冷凍宅食弁当の糖質量は5.2g。かなり少ないですね。

nosh-ナッシュの数あるメニューの中でもこの糖質量の少なさは上位です。

ただ、あまり深く考えなくても、nosh-ナッシュのメニューであれば、低糖質の食事が出来るということが魅力です。

実食してみて気が付いたのが、砂糖をエリスリトールのような希少糖置き換えて作っているように思います。

甘みを感じながら、糖質を抑えられているので素晴らしいです。

塩分量

食塩相当量は、1.6g。ごはんに塩分は含まれていませんので、納豆にもたれやからしをつけなければ、塩分量はほぼゼロ。つまり、1食当たりの塩分摂取量が1.6gで済んでいることになります。

日本高血圧学会減塩委員会が、高血圧予防のために勧めている塩分摂取量は1日6グラム未満(出典:日本高血圧学会HP)。

仮に1日3食これを食べても、4.8gなので、充分この推奨量の基準を満たしていますね。

とても優秀な数値だと思います。

まとめ

まず、家事の外部化推進委員会としては、時短の提案として、宅食をお勧めしております。

電子レンジ7分で準備が済むし、後片付けがほとんど不要なので、時短の目的は十分達成できています。

加えて、美味しかったです。これだけのものを自炊しようとすれば、かなり難しいと思います。

よって、タイトルの「美味いのか不味いのか」という問いに対しては、「美味い」と答えます。

さらに加えて、健康にも良いということが分かりました。低カロリー減塩低糖質などは、今の現代人のニーズにぴったりと当てはまっていると思います。また、意外に重要なのが、高たんぱく質の食事なのですが、これもnosh-ナッシュは満たしています。

つまり、これを毎日続けると、自動的に健康になるということです。

「低カロリー、減塩、低糖質」と、「高たんぱく質」両立させた料理自炊するのは、かなり難しいと思います。私には不可能でしょうね(笑)。

以上の点から、家事の外部化推進委員会は、nosh-ナッシュの冷凍宅食弁当の食生活をお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました