光熱費の最適化の検討を「外部化」する

この記事は約3分で読めます。

電力の自由化、ガスの自由化、ますます複雑化する最適化

電力の自由化

2000年3月に最初の電力小売自由化がスタートしました。ただ、この当時は大規模工場やデパートなどの「特別高圧」区分の電力に限られていたので、大部分の家庭には無関係のお話でした。

しかし、2016年4月から全面自由化となり、家庭や商店などの「低圧」区分の電力も小売が自由化しました。電力会社同士の全面戦争がはじまり、各家庭も、家計を守るために電力会社を選ぶ努力が必要な時代になりました。

ガスの自由化

2017年4月から都市ガス小売全面自由化が始まりました。既に自由化されていたプロパンガス、簡易ガスに加えて都市ガスの小売が自由化されたので、ガス会社の多角的な比較検討が必要になりました。

エネルギー会社の供給会社は無数に誕生。もはや、家庭、個人での最適な比較検討は困難。

電力会社、ガス会社の急増

電力の自由化から3年以上、ガスの自由化から2年以上経った今、電力の供給会社、ガスの供給会社は無数に増えています。

例えば、経済産業省資源エネルギー庁のホームページでは、「登録ガス小売事業者」が全国で1400社登録されています(令和元年8月14日現在)。資源エネルギー庁のHP

これだけの数の事業者の価格プランをすべて比較検討することなど、私たちには不可能です。

昔なら、電気なら東京電力や関西電力、ガスなら東京ガスや大阪ガスなどの地域のエネルギー供給会社が一手に引き受けていましたので、消費者は、購入価格の比較検討が出来ず、また、する必要もありませんでした。

だから、光熱費の節約と言えば、「電気、ガスの使用量を抑える方法」のみを指していました。

しかし、今となっては、使用量も大事ですが、電気、ガスの価格単価を比較検討出来るようになり、また、それを抜きには光熱費の節約は語れなくなっています。

忙しい

使用量を減らす節約よりも、単価の引き下げのために契約会社そのものをチェンジ

購入単価を引き下げるためにはなるべくたくさんの供給会社の価格プランを比較検討しなくてはなりません。

しかし、その供給会社の数が多すぎて、実質不可能

ただ、それは一般人の「私たちには」不可能な話に過ぎません。

無料でプロに任せれば良い

世の中には、これだけの数のエネルギー供給会社のプランを毎日比較検討している会社が存在します。

要は、その「プロ」に最適なプラン提案してもらえば良いのです。出来ればタダで。

「プロがそんなおトクな情報をタダで教えてくれるのか?」という疑問が湧きますよね。

ところが、そんなありがたい会社があるのです。

あなたは、そのプロからの提案を読んで、その提案された業者と契約するかどうかを決める「だけ」です。

電気代節約

しかも、キャッシュバックのチャンスあり

無料で、プロから各ご家庭ごとの最適な供給プランを提案してもらえる上に、2019年(令和元年)9月中であれば、3万円キャッシュバックのチャンスがあります。

つづきは、このサイトの内部ページをリンクさせていますので、それらのページを参照してください。

サイトアイコン
タイトルとURLをコピーしました